水素点滴で快適な人生を

飲用水素水との違い

注目の治療法


水素療法とは、水素を体に取り入れて病気や美容に効果を示す療法です。
体には活性酸素という物質があり、体には必要な物質で
病気やウイルスを撃退する働きをしますが、細胞を酸化させてしまう物質です。


病気の原因はこの活性酸素が原因と言われています。
ガンなどの病気は活性酸素があることによって引き起こされやすいと
言われていますので、この活性酸素をいかに除去するかが病気予防のカギとなります。

そして水素にはこの活性酸素を除去する強い抗酸化作用があります。
活性酸素は老化を早めてしまう物質ですので水素療法によって
老化を防ぐ事が出来美容にも効果的です。

違い


そしてこの水素療法には水素点滴、と水素水を飲用する方法があります。
他には吸入する方法やサプリメントもありますが、今回はこの飲用水素水と
水素点滴の違いを比較してみます。

点滴による療法は水素分子と水素イオンが体内に直接投与されますので
抜群な効果を発揮します。また直接血液内に投与されますので
より強力な還元作用が全身を巡ります。


その為体内にある悪玉活性酸素を一度で大幅に除去する事が出来、
点滴が終わったすぐそばから体の中が変わったと実感出来ます。

ガン予防や血液疾患などの病気予防にも有効で、美容やアンチエイジングとしても有効です。


しかし、問題となるのは一度にかかってしまうコストです。
最低でも一回8000円から9000円以上のコストがかかりますので、
それを定期的に行うとなりますと費用が掛かってしまいます。


そして自宅で水素点滴は出来ませんので水素療法を扱っている医院に
直接足を運ぶ必要があります。

飲用による療法は水素濃度をいかに保たせて体に取り入れるかがカギとなります。
水素濃度は逃げやすく開封するとすぐなくなってしまいますので
早めに飲まなければいけません。

費用


閉口摂取ですので点滴と比較すると体内に行き渡るまでに時間はかかりますが、
何よりコストが抜群に良いという所が利点です。


1週間水素水を飲む事は一度の水素点滴と匹敵する、と言われるほどですので
コスト的な事を考えますと閉口摂取による水素治療も侮れません。


そして一度当たりの費用も数百円単位です。


Copyright© 水素点滴により得られる効果aroma All Rights Reserved.